Q&A
  • HOME
  • Q.他社のWi-Fiとの違いを教えてください

Q.他社のWi-Fiとの違いを教えてください

A.違いをご説明させていただきます。

違い①料金
他社でよくみられる料金体系として、初年度(1年目)は安く翌年、翌々年と料金が上がっていくタイプがほとんどです。
一見料金が安く見え契約したけど、知らない間に料金がたかくなったと感じているお客様も多いとか思います。
でも、限界突破Wi-Fiは月額の利用料金がずっと3,500円(税別)なので料金が明確でわかりやすいのでとても安心です。

違い②端末代
他社のモバイルWi-Fiは端末代が2万円近くかかる場合が多く、無料の場合でもレンタル扱いなので、返却(箱などの付属品も込み)が必要となり、返却期間を過ぎると違約金がかかるなど、お客様にとっての不安要素が多くあります。
でも、限界突破Wi-Fiは端末料金が無料!レンタルではないので解約時の返却もありませんので安心してご契約いただけます。

違い③バッテリー
モバイルWi-Fiの中にはバッテリーが約4時間しか持たないものもあるそうですが、限界突破Wi-Fiはスマホ型なので約15時間も使用でき、外出時や旅行中でも安心して使う事ができます。

違い④端末
モバイルWi-Fiは画面が小さいものがほとんどで使い方がわかりにくいものもあります。
中には画面が無く、LEDのライトのみで今の状態がわかりにくい仕様のものもあります。
でも、限界突破Wi-Fiは使い慣れたスマホ型なので使い方も簡単ですし、画面も大きいので、電波状態や電池残量などもひと目でわかります。
接続設定も画面に表示されるQRコードをカメラで撮るだけで接続設定が出来たりととっても便利な機能があります。
ここが実はとても便利な部分だったりします。

違い⑤充電
モバイルWi-Fiの中には充電器が別売りの場合がありますが、限界突破Wi-Fiは専用充電器が付属しております。
他社がMicroUSBタイプが多いなか、限界突破Wi-FiはTYPE-Cなので充電が早く安定しているのが特徴です。

違い⑥回線
他社のモバイルWi-Fiの場合、契約した会社の回線(ドコモの場合ドコモ回線)の電波しか受け取れませんが、限界突破Wi-Fiはクラウドシムテクノロジーを搭載しているので、ドコモ、au、ソフトバンク3社の電波を受け取ることが出来ます。
つまり、日本で一番エリアが広いモバイルWi-Fiといえます。

違い⑧通信容量
他社でよくある、無制限とうたっていながらの7ギガ制限、10日で10ギガ制限、低速だけど無制限などの制限が全くなく、本当に無制限でデータ通信が可能です。※1

違い⑨海外利用が可能
他社のモバイルWi-Fiには無い機能として限界突破Wi-Fiは世界107ヵ国で利用することが可能です。※2

※1 他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。
※2海外利用の場合、別途海外プランのご利用が必要となります。